成田→日暮里


今から、スカイライナーで帰ります。

そういえば…

先週娘1を送り出した日、
空港で娘の乗った飛行機が飛び立つのを見届けて家に戻ったらば、、

リビングのドアを開けたら『しっこ』でした〜(涙)

それもカーペットとラグマットにまたがったお漏らしちゃん…

たかが数時間留守にしただけで?…と思いきや、
スーツケース付きのお出掛けだったから、
長〜いお留守番と思ったのかなぁ…?

今日は(^_^;)?

リリちゃま〜、
ハハはもうすぐ帰るからね〜

しっこはトイレだじょ〜(*^o^*)

成田空港


おはようございます。
携帯から失礼してます。

今、成田空港です!!

マレーシアにひとり里帰り?していた娘1を迎えに成田まで。

一昨日の貨物機事故で、定刻に到着出来るかどうかちょっぴり不安でしたが、
シンガポール航空のアジアラインは、
昨日も欠航はなく、娘もほぼ定刻に成田入りしました。

まだ8:30前。

のんびり帰路につきたいと思います。

ANAも預かり中止

ANAもブルドッグ等 短頭種のペット預かりが中止となりました。

先日、JALでも中止となったばかりです。

詳細はこちらです ⇒ ブルドッグなど短頭犬種のお預かり中止について

JALでは1年中中止ですが、ANAでは夏場のみの中止のようです。
詳細のサイト(↑)に記載されていますが、
 
 期間は、 2007年8月1日 〜 9月30日

 ANA国内線国際線の全便

 対象犬種は、ブルドッグ(ブルドッグ、フレンチ・ブルドッグ)、ボクサー、シーズー、
        テリア(ボストン・テリア、ブル・テリア)
        スパニエル(キングチャールズ・スパニエル、チベタン・スパニエル)
        ブリュッセル・グリフォン、チャウチャウ、パグ、チン、ペキニーズ


JALは通年、ANAは期間限定。
この違いって??

やっぱりJALには好印象がもてないあたしかも..
あたしの意見はどうでもいいかもしれないけどさぁーーーーー
過去に事故があったから中止にします、、だよね?おそらくJALは??
それもわからなくもないよ。
でもさぁ、アメリカ等の航空会社では以前から期間限定で中止しているところがあるし、期間限定でも大丈夫なんじゃないかな?
どうなんだろう??
...っていうか、何だか前向きさが感じられないのよ。

獣医師のちゃんとした意見が聞きたいと思います。
通年中止にする必要ってあるのかしら?

何だか逆の方向まっしぐら、、な気がぬぐえずにいます。
JALペットクラブ 一見ペットにやさしそうな気がするけれど、
どうもしっくりいかずにいます。
なんなんでしょか、、 トホホ...

ペットと飛行機

帰国時は、JALではなくANAにしようと決めたけれど、そういえば確認していなかったなぁ... と思い、ANAのHPを。

 ペットと同じ便に一緒に乗る場合、
 国際線は、 『ペットお連れのお客様へ』
 国内線は、 『ペットらくのりサービス』です



ちなみに、JALの場合
 国際線は、 『ペットをお連れのお客様へ』
 国内線は、 『ペットとおでかけサービス』


あたしが渡航したときには、同意書署名もなかったような..
記憶が定かでないんだけれど、荷物と同じ扱いだったとしか記憶がない。
まだ機内持ち込みが可能だったから、リリとビビをスーツケースと同じ場所で預けて、
その時にケージはJALのガムテープで念には念を入れてのぐるぐる巻き。
別のカウンターで料金を支払いました。
<機内持ち込みのジジも同じ金額でした。>

そのあとで飛行機の中でペットが具合が悪くなって亡くなるという事故を知るようになって、
あたしはその時に『同意書』の存在を知ったと思う。
「そういうのを書かされるんだ〜」ってね。
やっぱり書いた記憶がないなぁ...


海外に来て2年9ヶ月。
この2年9ヶ月の間に、機内持ち込み(ペット同伴搭乗)が出来なくなって(みな貨物室預かり)、
2007.7.20からは、JALではフレンチブルドック、ブルドックは搭乗できなくなった。

あたしが海外に来てしまうような時代だからね、時代は大きく変わったとは思う。
それまでにも事故があったのかもしれないし、なかったかもしれない。
それはわからない。
だけど、ペットと旅に行きたい人や、我が家のように飛行機に乗っての転勤は、確実に増えていると思う。
ペットは家族だからね。

海外駐在が決まって、愛猫のことで悩んで、なんとかここまできたあたし。
家族であるペットを手放さないで、、
と、そんな思いから始めたブログでもあったんだけれど、
どうも逆の方向にいっているような気がしてならない。

どんなことがあっても手放さないでほしい..
最期のそのときにはそばにいてあげてほしい..

未だに引越しで手放す家族が後を絶たない。

このままもっと逆の方向に進んでいってしまうのだろうか?
何がどうなったらベストなのかまだわからないけれど。

飛行機の中でも、飼い主と一緒にいられたらいいんだけれど....
今はこの方法しか思いつかないよ

特定犬種がJALでは渡航できなくなります

今日付けのJALからのお知らせです。

びっくりしています。
まさか、、こういう結果になるとは。

特定犬種(フレンチ・ブルドッグおよびブルドッグ)お預かり中止に関するお知らせ
2007.7.2JALより
フレンチブルドック、ブルドックがJALでは渡航できなくなります。
他国の航空会社で、夏場はペットは搭乗できないというところはあるけれど、
通年、、というのは初めてじゃないかしら?
あっ、もし違ったらごめんなさい。勉強不足です

これは一大事です!!
どきどきしています。
うちの子は猫だけど。
でもどきどきしてます

海外に住むあたしなので、あたし的に言わせてもらうと、
もしうちの子がフレンチブルドックかブルドックだったらJALでは帰れないということになります。
まさか、そういうこと?
と、信じられずにJALに?してしまいました。


本当でした。

はぁぁぁ...

JALの 「ペットとおでかけサービス」 サイトには、
一般的に犬は、暗さや温度・湿度・気圧の変化、音・揺れ・匂い等の影響を受けやすいと考えられております。
とくにフレンチ・ブルドッグおよびブルドッグは、いままでお預かりした状況から航空機における輸送環境の影響をより受けやすいと判断し、ペットを安全に輸送する観点から、2007年7月20日(金)より国内線・国際線全便にてお預かりを中止させていただきます。
と書かれています。

お鼻がぺちゃってしてる犬は呼吸器が弱いとも聞いたことがあるけれど。
 ...あれれ、だったらペルシャやヒマラヤンは??

ANAは大丈夫だよね?
大丈夫...っていう言い方は変だけど。

ここマレーシアのジョホール・バルからだと、シンガポールの空港まで車で1時間くらい。
そこからの飛行機(⇒日本)なら選択肢も増えるだろうけれど、検疫制度のことを考えると、選択肢はないに等しいし。
確か、係留があったはず。
あたしがここに来た2004年の10月の時点では、半年の係留だったと思う。
(日本よりも厳しいかも。っていうか、マレーシアからは入国できなさそうな気がする)

あっ、逸れてる
今回はフレンチブルドックとブルドックです。

フレンチブルドックの事故もあったし(国内線で)、
それだけのリスクを負わせるのは確かに危険だけれど。



いないかしら?
海外でフレンチブルドックやブルドックと駐在中の人。
フレンチブルドック飼っている人、多いもんなぁ...
海外駐在の辞令って容赦ないし。
日本に居るのならまだ選択肢はありそうだけど。
うちの場合は単身赴任..とかも。
あっ、でも、人間と犬の二人暮らしだったら?


知ってるかなぁ..
このニュース。

駐在する人、年々増えているしー。

...このまま書き続けると思いっきり逸れそうなので、今日はこの辺で。
猫人雑記

里々☆猫人雑記

Author:里々☆猫人雑記
「あたしのにゃにゃにゃにゃんな毎日」
gooブログから引っ越してきました(^^♪

☆猫との生活☆
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
☆にほんブログ村☆
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示