振り返ってみました (備忘録)

ジジの脱毛を振り返ってみました

ジジのおハゲ




2006.1月 4才 「この数週間前まではおハゲなし!」 ...と書いてある。
アレルギーと診断される。何のアレルギーなのかは診断不可能
錠剤と飲み薬を処方される(JB)
...この飲み薬が曲者で、オリーブオイルような色でドロ〜っとしたものでした。


アレルギー疑惑の中、日本のかかりつけのドクターに相談。
紅くはなさそうなのでストレスで舐め壊している精神的な問題を第1に考えたいとの診断。
ジジの場合は、さまざまな生活環境が日本で暮らしてきた環境と異なり、
その環境になれることができないまま月日が過ぎ、徐々にストレスが蓄積し舐め行動にでてしまったのではないかとのことでした。
もしそうだとしたら、病院に行くことや薬を使うこともストレスになる場合もあるため
治療法は、あえてなにもせずに時間で解決してみましょう、、とのこと。
ただし、舐めこわして炎症が起こるまでいくようであれば、精神安定剤などの使用も検討。

日本にいたときには他の2匹に比べると毛を舐めることが少なかったのに、
日に日に目につくようになっていく。



 


2006.7月 5才
犬や猫の毛は3週間〜1ヶ月ほどで生え揃うようだけれど、同じ箇所を舐め続けてるためおハゲのまま

      
2007.4月




2007.8月 6才
このままスフィンクス(へアレスキャット)になってしまうのでは、、と心配していた頃(泣


2007.9月
ハゲ具合が落ち着いてきたかと思いきや、やっぱり舐めて広げている。
でも、精神安定剤は使わないでいた。


2007.11月
こんなにもハゲちゃったけれど、よくしゃべり、よく食べ、よく遊ぶは変らずにいてくれた。


2008.2月
数ヶ月前に本帰国を決め、あたしの精神状態は最悪だったはず。
今思えば、そんな飼い主に影響を受けてジジの脱毛も悪化したのかもしれない。

でもこの時は、そんなこと思わずにあたしの中で対称性脱毛症疑惑が浮上。

『対称性脱毛症』とは...
身体の毛が異常に多く抜け、地肌が見えてくる。
被毛がうすくなった部分は、身体の左右でほぼ対称。


「毛がうすくなる」「かゆみも痛みもない」「去勢・不妊手術をした猫に多く見られる」というところがジジと同じだけれど、
この場合はうすくなった部分の毛を引っ張ると簡単に抜けるとのこと。
ジジの場合はそれはなく、疑惑は晴れる。

2008.3月 本帰国13日前


おハゲの記録?として、写真をいくつか選んでみました。

こうやって振り返ってみると、かなり酷い状態でしたね。

暑い国だったから良かったものの、
寒い国だったらきっと寒かったはず。

アレルギーの疑惑ですが、

食事性やノミアレルギーの場合は共に痒みがあり、痒くての舐め行動なので咬んだりひっかいたりもするようです。

ジジは痒がっている様子はありませんでした。
暇だから毛繕い・・そんな感じに見えました。
なのでアレルギーと言われてもピンと来なくて、現地のフード(メーカーはJAPAN)や飲料水を疑ったりもしました。
けれども、口にするものでのアレルギー反応は、アレルゲンとなっているものを口にして1〜数時間以内に発疹や脱毛が見られるようでジジの場合とは異なりました。
食事をした後⇒舐め行動 ではありませんでした。

その症状は主に耳や額、目の周りなどの首から上に見られることが多くて
まれに全身に現れるとありました。

食器や首輪、ハウスダストによるアレルギーもあるようですが、
駐在中限定アレルギーだったので↑これは違ったはず。
薬物アレルギーも、当時薬の使用はなかったので疑惑なしです。



帰国後

2009.1月 7才(右がジジ)
少しづつ生えてきて、ここまで黒くなりました。

帰国後も薬の服用せずして、気がつけばまっくろくろすけ〜に戻っていました。

毛並みも良くなって、5才のビビと変らないくらいです。

脱毛時は、リンスをしていない髪の毛のような、
パホパホ?
ポサポサ?
そんな感じでしたが、
今では、それなりに艶も出てきました。

日本の我が家に戻り、また環境が変わったわけで、
ストレスによる脱毛だとすれば、悪化することもあり得たけれど
どうにかこうにか幸いにも回復に向かってくれました。

この先どんなことが要因になってまた脱毛になるかも知れず。
その要因を避けるのも手だけれどそれが全てじゃなくて、
何とか適応できるように強くなってもらいたい...
そのためには何?

人間の子育てより本当に難しい。

まして寿命は短いし、親離れしないし。

あたしが猫だったらもっとわかってあげられるのにね。
....そういえば、パンダさんが来るんですよね?もう来たんだっけ?


ストレスの原因はあたし疑惑

・人間の出入りの多い家や車の往来の激しい場所での飼育
・屋内の狭い場所だけで飼われている
・飼い主が変わった
・飼い主の家族構成が変わった
・引越しで住むところが変わった
・新しい動物が加わった
・飼い主の愛情が他を向いた
・飼い主から過度の愛情を受けている
                    など
 
以上があたしの持っている猫本に書かれている猫のストレスの原因です。

あたしの場合、

○人間の出入りの多い家や車の往来の激しい場所での飼育
×室内の狭い場所だけで飼われている
×飼い主が変わった
×飼い主の家族構成が変わった
○引越しで住むところが変わった
○新しい動物が加わった
×飼い主の愛情が他を向いた
飼い主から過度の愛情を受けている

半分が当てはまってしまいます。

「飼い主から過度の、、、」 

それって、
それってどれくらい?

過度ってどれくらい??


ネコの、ネコとしての習性を尊重せず(無視)して一緒に暮らす...
ということだとは漠然とだけれどわかるんだけど。

けど、
どれくらい???

ネコは本来は仲間とのかかわりを好まない動物です
この本の「ストレスによる脱毛症」の出だしがこれ↑

家猫はみんなあてはまっちゃう。
中にはもちろん例外もいるだろうけれど。
それはもう仕方がないよね。

過度過度過度、、
度が過ぎるのが過度。

見えない愛情なら過度とは言わない?
ただただ愛おしい、、とか。

人間の子どもで言えば〜
必要以上な贅沢品を買い与えたり、健康第一ではなくて贅沢嗜好な食事ばかりを与えたりとかは過度な愛情だよね、きっと。
人として生きていくためへの躾けをすることや、間違ったことをしたときに叱ることも愛情のひとつ。
過保護は?


何でも度が過ぎたら過度、、

でもでも心のずっと奥のほうで、その子のことを愛おしく思う気持ちは度が過ぎてもいいようにも思うけれど、、

ジジは、本能が人間のあたしよりも物凄く発達していて、
あたしの愛情が重たくて仕方がないんだろか、、

今日はこんな天気だからなのか、
飼い主から過度の愛情を受けている
のひと言でこんなにもだらだらと。


人間の娘と一緒くたなにゃんズたちの苦労ははかりしれないことでしょう...
だけど、それもわが子になった定めというもの。
その苦労がストレスになっていないことを祈るばかりです。

でもでも、
あたしの過度な愛情がおハゲの原因だったらば、
ジジは今頃間違いなくヘアレスキャット??

ということは、、
ストレスの原因疑惑が晴れたような晴れないような....


       お尻で失礼します


ネコの脱毛症についていくつか書き出してみようと思いつつ
思いっきり脱線してしまいました

雷雨です

少し前から、雲行きが怪しくなって、今は真っ暗で夜のようになってしまいました

まだ夕方5時をまわったばかりというのに....

日中は37℃まで上がり、体温よりも高かったです。
連日夕立ありとの予報が出ているにもかかわらず、
この辺りは1滴も降らずにいたので、草や木々にとっては恵のでしょうか..

が、それにしても、すごい!!

地震では起きないにゃんズが、おろおろしています



帰国直前のジジのおハゲ写真です。

帰国3日前


帰国13日前





ジジのおハゲ、近況報告

帰国したら、生えてくるかな?

というのは、あたしの願望でした。
全くの根拠なし。
ただ、病気だとしたら、日本なら病理検査も可能だし、
きっと治療方法は見つかるはず... と、そう思っていました。

もし、本当に生えてきたら、最初の最初に日本のドクターに言われたように、
生活環境の変化によるストレスでの脱毛?

向こうで、何も検査できなかったし、
ずっとアレルギーって言われてたし。


今のジジですが、
毎日一緒に居て、あたしにはわかりづらかったのですが、
帰国後最初にジジを見て、あまりのハゲぶりに驚いていた友人たちも、
近頃では、


「えっ? どっちがジジだっけ?」 と言われること度々。


ビビとの区別がつかなくなってきてるようで...
どっちも真っ黒だし...

おハゲ=ジジ、ハゲちょびんがジジ、、 って区別されていたんだね。





生活環境の変化でのストレスだとすれば、
また、帰国して、環境が変った(戻った)わけで、
どっちに転ぶか? だったのですが、
今はいい方向に向かっていると思います。

ジジ同様に、ビビの肛門まわりもハゲていたのですが、
そこにも、毛が生えています。

それとは逆に、、 
リリの血尿がストレスによるものかもしれない疑惑も出てきていますが

なんとかもっと図太くなってもらいたいなぁ...

ストレスの要因を避けるのも手だけれど、
それが全てじゃなくて、何とか適応できるようなことをプラスできたらいいなぁ..

そんな風に思っています。


対称性脱毛症

2日間のチャイニーズニューイヤー(旧正月)と土日合わせて4連休の最終日。
この4日間が勝負!!と思い気合を入れたにもかかわらず、
う〜ん
予定通りにははかどらず...

仕方ないかぁ、、
いくらか進んだから良しとしなきゃかなぁ..

  
    生生しいので、フラッシュなしで撮ったらば、
    ボケボケでしたぁ〜

ジジの脱毛の悪化が気になって調べていたら対称性脱毛症というのを見つけた。

左右対称に脱毛するらしい。
毛が抜けるのではなくて、うすくなる、、というところもジジと同じだし、
かゆみも痛みもないというところも。

原因は、どうやらホルモン。

去勢・不妊手術をした猫や、長期にわたってホルモン剤を使用している猫に多く見られるらしい。

オカマなジジ...

この線もあり?

帰国してなるべく早くに受診しなくっちゃ。

生活の変化でホルモンのバランスが壊れやすいのはこのあたし
先日もその兆候があり、受診したところ、ストレスもしくは生活の変化
でホルモンバランスが崩れている...って言われてしまった(汗)

あははっ

ここに来る前もそうだったしなぁ、、

ジジも?

日本のおうちに戻ったら治ったりするかなぁ..
と、密かな願いありのあたしですが。

結果は報告しなきゃね。

そのためにも、日本帰ったらは早急に使えるようにしないとにゃ〜
でもでも、どうやって

光とか、うんたらかんたら、
あーーー、完全にあたしの分野から離れてるし..



猫人雑記

里々☆猫人雑記

Author:里々☆猫人雑記
「あたしのにゃにゃにゃにゃんな毎日」
gooブログから引っ越してきました(^^♪

☆猫との生活☆
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
☆にほんブログ村☆
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示