異国の地が与えてくれたもの。

昨日、久しぶりにJBの写真を見て、すごく懐かしかったぁ



昨日の写真は日本人学校




いろんなことが頭に浮かんだよ






駐在の知らせを受けたとき、微塵も想像していなかったけど

真っ先に頭に浮かんだのは ジーくんたちのことだったっけ



今思っても、人間の娘が2人、それも当時は小学生だったのに、おかしいよね。



でも、これは本当のことで、







人間の娘らはどうにかなる!     何の根拠もないのに、そう思ったんだと思う。









「ジーくんたちを連れていける国?」




最初に出た言葉は、確かそれだったと思う。



猫も連れていける国      ということは、Tちゃんも確認してくれていたんだろね









「大丈夫、連れていけるよ!」



そう言われたことを覚えている。







それが今から13年前くらいになるのかな~


家族全員で異国の地で暮らしたこと、


それはあたしの人生の中でとっても大きなことで、



そして、家族それぞれにとっても、そのことあって今があるんじゃないかと思うんだ。


マレーシアでの4年近くの時間は、あたしたち家族にかけがえのないものを与えてくれたんだと、




今改めて思うよ。

きのこじま???

だいぶ前になりますが、娘1のちょっとした母たちの集まりがありまして、
その時の話です

初めての集まりだったもので何かのきっかけで「マレーシアに住んでたの?」
って聞かれたんです

そうです。。 ってことから話が始まって、


その方のお宅には、海外の方がショートステイされるんですって
羨ましいかぎり。。

仲良くなったマレーシア人もいるそうで


「マレーシアってとても豊かで良い国なんでしょ?」 って聞かれまして。。


そうねぇ〜 自然は豊かだし、果物は美味しいし、華僑の国でもあるから食べ物は日本人には合うものがいっぱいだし
現にわが家の娘らはマレーシアを恋しく思っていて、もう1度住みたいと言っているから

豊かな国なんだと思うよ


その時にね、ふと感じたんだけれど、

豊か... って人それぞれですよね

それで良いんだと思います


マレーシアに居たころは、ジジたちのことで色々な葛藤がありまして、
仔連れには悩み多き日々でした

でも、振り返ると、あのゆったりとした時間の流れや、
その中に居た自分の気持ちなどなど、
今よりも穏やかな部分も多かったと思うんです


ここのところ、少し慌ただしく、気持ちまでばたばたと落ち着かなくなっていて、
そんな自分が凄く嫌だったりもするので、
余計にそんな風に思ってしまうのかもしれません


気の持ちよう.... そうなんです、まったくもってそれです!!



シアワセ、、 
それも、みなそれぞれ


みなさんのシアワセってなんですか?


穏やかに暮らしたいなぁ...
心穏やかでいたいただそれだけですわっ
アラフィフだけどまだまだ半人前なあたし(-"-)


さっ気をとりなおして、明日からも師走がんばりま〜す^^


・・・・・・・・・・・・

今日は新宿へ


用事の時間まで美味しいコーヒータイムを... なんて思っていたんだけれど〜
ちょうどお昼時でどこも騒々しくしていたから、


結局、あたしらしく、






ラーメンやさ〜ん(≧▽≦)

本当はこってり系が食べたかったんだけれどね



行きの電車の中で、すいていたし、眠っている人が多かったせいか近くの会話が耳に入ってきまして、


男1 「昨日、コジマいた?」

男2 「きのこじま????」


怪しく笑いをこらえてしまいました(≧▽≦)ぷっ  人気ブログランキングへ









猫とマレーシア

あたしのブログのことです。
こんなんですが、訪問数が0になったことはないんです。
不思議。

検索で来てくれたりもするのかな?
と思い、「何で検索したらここにたどり着いてしまうんだろか?」

と、ためしに、

『猫 マレーシア』 で検索してみました。

そしたら、ありました。



検索 『猫 マレーシア』 で、やたらと遺伝子組み換え、、の文字が。

ん??

で、そこから脱線しました。


なんだと思いますか?
NHKで放送したとのことなのでご存知の方も多いかしら?


なんと、マレーシアでは、デング熱を媒介する蚊を絶滅するため、自爆遺伝子を組み込んだ蚊を野山に放つ国家プロジェクトが進行中 だそうです。

以下、NHKクローズアップ現代のHPから抜粋させてもらいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2010年11月25日(木)放送 自然・科学 環境 国際
広がる波紋 遺伝子組み換え動物

通信販売で買えるノン・アレルギー猫や犬、通常の倍の早さで育つサケなど。
今、遺伝子組み換え動物が次々と実用化している。

マレーシアでは、デング熱を媒介する蚊を絶滅するため、自爆遺伝子を組み込んだ蚊を野山に放つ国家プロジェクトが進行中。

アメリカでは、一部の遺伝子を換えるのではなく、百万以上の遺伝子をゼロから組み上げた「合成生物」まで登場し、
「神の領域に突入した」と注目を集めている。

しかし、こうした技術の急速な普及は、生物多様性や食品安全などを脅かし、
さらには、悪用されればバイオテロにつながると危惧する声も上がっている。
遺伝子組み換え技術とどう向き合っていけばいいのか 

〈以上 抜粋〉・・・・・・・・・・・・・・・・・


だそうです。

マレーシア、、 デング熱と戦う国家プロジェクト??

う〜ん、ピンとこなくてごめんなさい。

他にあるんじゃないかな、国家プロジェクト.......

なんだかピンと来なさすぎで何とも。

デング熱の現状がマレーシアをどんなふうにしているのかがわからなくて。

駐在中、罹った人は数人知っていますが、それほど大騒ぎになった記憶はありません。
ご家族の方はさぞかし心配されたことと思いますが、
それが国家プロジェクトに結び付く現状が把握できず。



通信販売で買えるノン・アレルギー猫や犬、、、

そもそも通販で、、というところからして猫たちの味方じゃないことは間違いなし。


猫好きな人、どうか間違ってもそんな気を起さないでもらいたいです。

日本人においていえば、この猫を日本に輸入することは違法とのことです。
まっ、違法とか違法じゃないとかの問題じゃないと思いますが。

その法律というのはカルタヘナ法というもので、
その法律のある議定書に日本も加盟しているとのこと。
なのに、日本にも5匹???

知識不足でこれ以上は書けない。

あっ、ちなみに、この猫の子供は普通の猫なので害を及ぼすことはないと説明しているそうですが、
それこそそういう問題じゃないと思います。

遺伝子はいじくっちゃいけないと思っているあたしですが、すでに様々な遺伝子組み換え食品を口にしているんでしょうね。
何だか悲しいです。





難しいねぇ…(汗)


久しぶりのお日さまで日中はあたたかな気持ちになれたけれど、
やっぱり夜は寒いです。

今夜はビビがヒーター前を陣取ってます。

* * * * *

海外生活の名残がまだ…

今日は税務署へ行って来ました。

家を建て替えて翌年に海外へ転勤。

住宅ローン控除を受けられぬまま日本を後にしました。

新居を社宅にしたので、収入がありました。

その申告のことや、いつから住宅ローン控除が受けられるのかとか、
その際に必要な書類のこととか、海外に行っている際の納税管理人の解除のことなどなどを聞きに行って来ました。

そりゃもう物凄〜い人でした〜

せっかく足を運んだんだもんね!
わからないことは納得出来るまで聞かなきゃ!!
と思い、がんばって聞いて、だいぶわかったつもりではいるけれど、、、
...あやしいなぁ?

それにしても、、
お役所関係って知らないこと多いですよね?
あたしだけでしょうか??

危機管理

朝の報道番組では、連日新型インフルエンザの話題が。

我家も先日インフルエンザの予防接種を済ませました。

マレーシア駐在中には予防接種をしていましたが、
日本では、毎年は接種していませんでした。

よく言われるように、
予想が外れて、ワクチンが効かないかもしれないし、
だったら意味ないしなぁ...

などと思っていました。

罹ったらすぐに病院にかかればいい.. そう思っていたんでしょうね。

が、そんなあたしでも、マレーシアに居るときには
小心者?で、予防接種は受けていました。

毎年日本人学校では大流行。
お隣のシンガポールの病院へ行けば、
クラスメートでいっぱいな状態でしたから。

発症して24時間以内に病院へかかれれば、薬の効果もあると言われるインフルエンザですが、
マレーシアでは運よければ24時間以内に病院へ行くことも可能ですが、
なかなかそうも行かないのがあたしの現状でした。

我家は罹ることはなかったのですが、
そのような環境の中に居たせいか、
予防に対する意識はここ数年で高まったかもしれないですね。

日本から出ることがなかったら予防や危機管理についての意識は
もっと希薄だったはずです。

インフルエンザの予防接種率ですが、あたしの周りでは低いように思います。

が、既にかかりつけの病院では、ワクチンがなくなっていました。
我家は受験生も居ることだし、早めに予約しておいたから受けられたものの、
いつものようにもたもたしていたら、きっと受けられなかったかもしれませんね。


今日のニュースの中に、新型インフルエンザが発生したら流行が避けられない国はどこの国かを予想していました。

ある専門家の私見では、中国、インドネシア、ベトナムだそうです。

どの国も鳥を好んで食す国ですね。

生活と切り離せないものが、感染ルートになるのはとても悲しいし、
もしそうなった場合、大変なことになるはずですから、
せめて、予防に対する意識改革だけでも持っていて欲しいと願うばかりです。

マスクですが、今では感染を予防するために健康な人が普通に使用するようになりましたね。

でも、それも、ここ数年の話?

マレーシアに居たときに、マスクをしていたら、凄い目で見られたことがあります。
それはSARSが流行したときの名残ではないかと思っています。
マスク=SARS感染者 なのかしら?
あたしの渡航前にSARSが流行ったそうで、
橋を渡ればシンガポールのあたしの住んでいた街でしたが、
その行き来が出来なくなったそうです。

今日の番組の中で、あたしたちが出来る予防は何か?について話がされていましたが、
やはり外出自粛だそうです。
インフルエンザの潜伏期間は3日程度。
がしかし、この間に自覚症状がないため、ウイルスを撒き散らすことになりますから、もしインフルエンザ患者が出た場合、あっという間に倍、倍、患者数は増加するだろうと予測されていました。

大人の外出自粛は無理でも、感染者が出た学校の休校は必要なことだろなぁ...
と思いました。

自分の身は自分で守ることも必要ですが、
大流行した場合に多くの死者が出るだろうと予測されているのですから、
まわりに感染させないことも大事なことだと思いました。

今日も寒いです。
関東地方のあたしが寒いだなんて行ったら、もっと寒い地方の人に
申し訳ないのですが、
どうかみなさん、この冬も大病することなく、
元気で乗り切ってくださいね。
あたしも病気しないようにがんばります。

さてと、最後の洗濯物が脱水終了しました!
気合入れて洗濯干してこなくっちゃ

猫人雑記

里々☆猫人雑記

Author:里々☆猫人雑記
「あたしのにゃにゃにゃにゃんな毎日」
gooブログから引っ越してきました(^^♪

☆猫との生活☆
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
☆にほんブログ村☆
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示