狂犬病 そして抗体価検査編 その?

新しい検疫制度では、日本指定地域と指定地域外では必要な書類が異なります。

指定地域【2005年6月7日現在】
台湾、アイスランド、アイルランド、スウェーデン、ノルウェー、英国(グレート・ブリテン及び北アイルランド)、オーストラリア、 ニュージーランド、フィジー諸島、ハワイ、グアム 

「狂犬病 そして抗体価検査編?」 の抗体価検査は、指定地域(狂犬病の発生のない国・地域)からの帰国の場合には必要ありません。
ここマレーシア等の指定地域外のみ必要となりました。

指定地域以外からの帰国 には
 ?マイクロチップの装着による個体識別
 ?2回以上の狂犬病予防接種
 ?抗体価検査
 ?抗体価検査後、輸出国180日待機
 ?日本の検疫所への、事前届出 (到着40日前までに)
 ?出国前の検査で、狂犬病にかかっていないかの臨床検査

 が必要になります。

これより、前回の続き.....

2回目の狂犬病予防接種後、2〜4週間後に採血をします。 その血液を動物病院にて血清にしてもらい、その血清を指定検査施設に送って、抗体検査をしてもらうことになります。

ここでの私の難関は
 ?どこの検査施設にすればよいか
 ?血清の輸出って

指定の検査施設がないマレーシアからは、一体何処にすればよいのか?
オーストラリアCSIROで検査がしてもらえると、以前ここの友人に教えてもらったけれど、
日本の検査施設じゃいけないの? 言葉の壁を考えると、やっぱり自信がない...
そこで、日本の指定検査施設に問い合わせてみました。

その結果、日本の検査施設でもオッケー  との答えが。
やったぁ〜
この国はこの国の検査施設で、、という指定は全くないとのことでした。(2005.6月確認)
日本農水大臣指定の検査施設は こちら をご覧ください。


検査施設が少ない上、新しくなったばかりの制度ということもあってか、おそらく事例も少ないのでしょう。
この町でも、おそらく私しかいないのでは.....
本来なら、動物病院でやってくれてもいいような血清の輸出を個人で行わなければならないなんて。
その辺りも聞いてみましたが、現在までは、やはり、個人での輸出又は、個人での直接持ち込みが殆どだそうです。

言葉の壁を考えたら、絶対一筋縄ではいかないと、今から不安でたまらなかったのだけれども、
日本語でオッケーとわかったら、  よっしゃぁ〜!!がんばるぞぉ〃 って、
力が湧いてきました。
また次に続きます.....

狂犬病 そして抗体価検査編 その?

マイクロチップによる個体識別の他に、狂犬病抗体価検査 が新たに加わりました。
マイクロチップ装着後、狂犬病の予防接種をします。

?帰国前に、2回以上の狂犬病予防接種を受けていなければ入国出来ません。
 マイクロチップ装着前に受けた狂犬病予防接種は回数に含まれないの
 で、気をつけましょう

 1回目の狂犬病予防接種を受け、30日以上経過後に、2回目の狂犬病予
 防接種を受けます。
  <初回(マイクロチップ装着後の接種)のみ、30日経過後に2回目接種。
 その後は免疫期間内での接種が必要となります。>
 狂犬病予防接種は、狂犬病不活化ワクチンでなければならないので、
 接種前の確認が必要です。

?日本国農水大臣指定の検査施設での抗体価検査 
 日本国農水大臣指定の検査施設でなければいけません
 しかし、その検査施設が非常に少なく、これが帰国困難!!の最大の
 原因ではないでしょうか?
 もちろんここマレーシアにもありません!

 ・指定の検査施設がない国からに帰国は、180日の係留をしなければいけ
  ないってこと?
 ・完全室内飼いなのに、そこまでしなければいけないの?
 ・180日も離れ離れになったら死んじゃうよ!
  などなど....私の不満はつのるばかりでした。

 ここでも、勘違い発覚!!
 これは狂犬病にかかっているかどうかのものではなくて、
 狂犬病予防接種後の抗体価の測定です。 (←あたしくらいかしら??こんな勘違い)
 
 さらなる難関!!血清抗体価検査方法については、続.....
 

マイクロチップ編 その4

ここまで書いておきながら、、自分の勘違いに気付いてしまった

検疫所に 「マイクロチップの中のデータには何が入っていればいいのですか?」
と?した私(汗)。
マイクロチップの中には、15桁の?の他に、名前、生年月日etc.
のデータ全てが入っているものだと思っていたが、

マイクロチップの中には、15桁の数字が入っているだけ

証明書に、 『15桁の?、犬猫等の名前、生年月日、狂犬病予防接種年月日と免疫有効期間』 
を記入し、
入国の際に、15桁の?をリーダーで読み取り、証明書と照らし合わせるということだった。

ほんと勘違い甚だしいったらありゃしない。
でも、きっとこれからも勘違いなるもの、出てきそう....。
こんな恥さらしをわざわざ書き込まなくてもと思ったけれども、
これも、これからの私のため!
思い込みで、係留12時間の夢が絶たれては。
何でもかんでも、確認しようと誓うのでありました。

思い込みには、注意しましょう!!

マイクロチップ編 その3

「マイクロチップによる個体識別の必要」  6月から完全施行が始まった 『新しい検疫制度』 に新たに加わりました。

日本入国のためのマイクロチップ装着前に確認しなければならないことがあります。
 ● チップがISO規格でなければいけません。
 ISO(国際標準化機構)11784及び11785に適合するマイクロチップでなければ、国内での読み取りが出来ない場合が非常に高いのが、今の現状です。

日本以外の国でマイクロチップを装着する場合、
マイクロチップの規格の確認が最も必要となります。

ISO規格のマイクロチップを日本から取寄せる場合は、日本の獣医を介してのみの可能となります。(2005.6月確認)
ISO規格以外の装着で入国する場合は、事前にマイクロチップのメーカー、規格等を検疫所に確認し、
読み取り不可能(リーダーがない)な場合は、個人でリーダーを準備しなくてはなりません。(2005.6月確認)
(ISO規格以外でも一部読み取り可能な場合あり。)

日本に流通しているチップのメーカーには、
「トローバン社、デストロン社、データマース社、AVID社」 の4つのメーカーがあります。
このメーカーなら、必ずしもISO規格、というのではないそうなので、
メーカーの重視より、『ISO規格11784及び11785』 であるかどうかの確認が必要です。

マイクロチップ装着がまだ普及してない(リーダー設備が不十分?) 今の段階での、マイクロチップ義務化の検疫強化。
不安はありますが、 『日本に帰れない』 と路頭に迷ったときのことを思えば、
帰れる手段がある、可能性がある、というだけで、ホントよかったぁ〜〃 の私です。
何も判らずに無我夢中で調べ、家族揃って海外に来ることが出来たのだから、
帰れる と判った以上、やるしかないです。

これぞまさしく、 『目指すは 日本帰国なり
頑張らねば。

もし、帰れないのでは.....と不安に思っている人がいたら、検疫所にまずは確認することをおすすめします。
その国々によって、又異なる場合もあると思います。
マレーシアは、過去に狂犬病が発生したことのある国なので、日本指定地域以外の国です。
指定地域の場合は、マイクロチップ装着は義務化されましたが、
血清抗体検査後の、輸出国での180日待機の必要はありません。(詳しくは後日)

マイクロチップ編 番外 〜ジジ、リリ、ビビ ?

『連れて帰れない!ペット検疫強化』 の新聞記事で動揺した私でした。
 (マイクロチップ編 番外?)

検疫強化なるものを調べ、頭に叩き込み、再度成田検疫所に?をしました。
この国での不安や疑問を細かく聞き込んだ結果、
ここ、マレーシアからも、全ての難関をクリアーすれば、

『 係留12時間 』

晴れて日本の我が家へ帰れることを確認し、
新しい検疫制度に切り替わる前の一時帰国はしないで済む運びとなりました。
(実際、私のように慌てて日本に帰国した人の犬や猫で、検疫所の係留施設はいっぱいだったそうです)

海外駐在が決まって4ヶ月足らずでここにきた私たちですが、
今度の制度では、最低でも 『7ヶ月前』 から準備を始めなければ間に
合いません。
私の語学力を考えると、それ以上の日数がかかると思われます。

次は、ここでのマイクロチップ装着と血清抗体検査 について、書いてみたいと思います。
猫人雑記

里々☆猫人雑記

Author:里々☆猫人雑記
「あたしのにゃにゃにゃにゃんな毎日」
gooブログから引っ越してきました(^^♪

☆猫との生活☆
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
☆にほんブログ村☆
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示