日本帰国、前途多難?


マイクロチップの写真(これは裏面)撮らせてもらったの。15桁ってことは 『ISO規格』 ってことらしいんだけれど、この際だから、念のためこの画像を農水省に送って確認してもらうつもりよ。

近所の動物病院にマイクロチップのことを聞きに行ってきた。

本当は昨日行くつもりだったのだけれど、行く間際になって聞きたいことを伝える自信がなくなり、やはり聞きたいこと全て英文にしてからにしようって思って。
情けないよね、本当に。

情けなくってブルーだったあたしだけど、そんなことはまだ序の口だった。
まさか とは思っていたけれど、そのまさか だったの。

つたない英語での会話だったけれど、終盤になって、噛み合わなくなってきたの。
マイクロチップの種類 と狂犬病のワクチンが不活性化ワクチンであることまでは確認出来たのだけれど、
その先から?????

Do you know Japanese new law?  (間違ってる? この程度なの、あたし )

We don't know って !!  知らないってこと?? (このくらいはあたしにだって わかるよーーーー!)

そうなの、知らなかったの、ここの動物病院のドクターは

日本の検疫制度が、この春から変わったことを。

こんなんでいいのぉぉぉぉーーー
あたしがここ、マレーシアに猫×3と移住してる事は調べればわかることでしょ??
面倒臭かったけれど、ちゃんとお役所に届け出もしたし、
検疫所には、ここの住所だって知らせてあるんだから!

日本の検疫所は何故に知らせてないわけ?? ← 日本の検疫制度が強化されたことってどのように各国に伝えてるの??

お隣り (車で1時間もかからないのよ!) のシンガポールの動物病院のドクターは知っていたっていうし、同国のクアラルンプールのドクターだって知ってるんだから!!!

だったら、クアラルンプールまでいけばいいじゃない?
って?
でも、でも、高速で4時間。
そう、東京から静岡? もっと先までくらいの距離かしら?
片道4時間かけて?

近所の動物病院のドクターに、隣国シンガポールのドクターに聞いてください、とも言えず、あたしが英文の新しくなった検疫制度を探してくることになったの。

今夜はブルーなんて通り越して、心臓バクバクいってる。

血清を日本指定の検査機関に送ってもらえるか? って聞いたら、
シンガポールに送るっていうし.....

シンガポールには、日本指定の検査機関は無いんだってばぁぁぁーー
この辺りから、あれれ?? だったのよねぇ

はぁ、だめだ! 心臓バクバク!!
冷静になって、又出直してきます。

今夜はもう遅いから明日にでも日本の農林水産省に?してみるわ。
新しい検疫制度の英語版求む!! ってね。

レプトスピラ症

9月26日(静岡県にて)、レプトスピラ症に感染した男性がいたことがわかったそうです。(gooニュースより)
輸入されたアメリカモモンガからの感染で、この男性はペット輸入販売業者。
レプトスピラ症 といえば、検疫制度で猫には義務付けられず、犬に義務付けられてる
あの レプトスピラ症のこと。

ふぅ〜

海外、それも東南アジア在住の私。
数年後には3にゃん連れて日本帰国予定。
マイクロチップ装着も目前で、強化された検疫制度に立ち向かわなければならない私としては、これ以上の検疫制度強化はなんとしてでも間逃れたいのよ。
海外からの輸入動物から日本に細菌が持ち込まれることがこれ以上増えたりしたら、
もっともっと日本帰国が困難なものになってしまいそうで 不安 です。

モモンガは農水省の管轄ではなくて、
環境省扱い? らしい。(要確認!)
...まだまだ勉強不足だわ。

同じコンドミニアムに住むお宅で、カメを飼っていて、日本帰国の際のことを尋ねられ、
あれれ????? 答えられないではないか....
久しぶりに電話魔に。

犬、猫、家畜、アライグマ、スカンクは農水省管轄で、カメ しゃん は、環境省野生生物課に問い合わせると教えてくれるとのこと。環境省扱いというところまではわかったので、環境省に問い合わせてみたら、
「野生生物課」 って教えてくれました。
あらあら、またしても知らなかったことがわかったにゃんよ。

奥が深いというか、一般人では、なかなか知る術がないことって本当に多い。
って、私が知らなすぎなのかもしれないけれど...。

日本はもう長袖ですか?
季節の変わり目です。 皆さん、風邪などひかないように気を付けてくださ〜い。

そう、マレーシアでもインフルエンザが流行るそうです。
誰かが日本や中国からもってくるんだろうなぁ〜
だってここは1年中夏だもの。 インフルエンザって、寒い時に流行るんでなかった
っけ??

しっこ常習犯


昨日、久しぶりにネット開通。
つ、ついPCの前から離れられず、洗濯物、取り込みっぱなしで
寝てしまった私。

たたんでおけばよかった

洗濯物の山に、しっこ〜

『しっこ常習犯』 リリ3才。
フラッシュをたくと、こわ〜いお目々になるので、お初リリはピンボケで失礼をば。

久々のネット開通が嬉しくて、テンプレートも変えてみました。
にゃんたちが映えるテンプレートって、どんなのかしらん

載せてみました〜


ビビ、こんなです。

カメラ小僧!?の私ですが、なかなか上手く撮れません。
腕磨かなくっちゃ。

四女 『ビビ』 2才になりました。

考えて欲しいこと

偶然にも私の周りの記事で 『しっこ』 ネタが重なりました。
『しっこ』問題! これは私にとっても身近な問題でありまして....

前にも書いたと思うのですが、3女リリのしっこの粗相問題。

気が強いくせに、精神的に弱かったりするのかしら?
環境の変化にとにかく弱い (母である私の見解)。
渡航前の引越し準備から始まって、マレーシアのこの家に落ち着くまで10ヶ月。
せっかく落ち着いたと思ったら、私の日本一時帰国で再発。
昨日も、な、なんと、新たな場所に大量のしっこを発見してしまったの

今までは、座布団だの布団だのとクッション製の上への粗相が多かったんだけれど、
今回は、タイルの上!! 全くのノーマークな場所でした〜涙

こんなことも多々ある、猫との生活です。

大変ね〜!! って言われます。
はい!大変です。
でも、大変なのが当たり前ですから〜〜、大変だけれど、大変じゃない? ん??
苦じゃないです。自分で選んだことですから。
突然空から降ってきて、うちの仔になった訳じゃありません。

かわいいです、赤ちゃん猫なんて、もっともっとかわいくって食べちゃいたくなるくらいにかわいいです。
でも、大きくなります。病気にもなります。
猫を飼っている我が家をみて (楽しそうだなぁ〜って思ったのでしょうか..) 飼い始めた人の家に、私の知っている猫が今はいません。
なんとなく避けられているようなので聞くことが出来ないでいます。
そのことがあって以来、
「猫を飼いたいんだけれど」 と相談されたら、かわいくって毎日が楽しいよ〜 と話す前に、しっこだってもらすし、時にはうんぴだって...
大変なこともいっぱいいっぱい話したいと思っています。
そして、一緒に暮らし始める前にいっぱい考えて欲しいです。

新築の家に猫が似合いそう...といって飼い始めた人が、
トイレが臭いだの、懐かないだのと文句を言い、猫を戻しにきたそうです。
その上呆れたことに、大きな庭があるからやっぱり犬をください、と。

その人は犬や猫に一体何を求めているのでしょうか?
犬や猫たちと一緒に暮らして私達が得るものは?
どんなに尽くしても、老後の面倒も見てくれません。...当たり前かっ!
私は猫たちに愛情をいっぱいもらっています。
いてくれるだけでいいんです。

愛情だけでは、嫌ですか?
あとは何を求めますか?
猫人雑記

里々☆猫人雑記

Author:里々☆猫人雑記
「あたしのにゃにゃにゃにゃんな毎日」
gooブログから引っ越してきました(^^♪

☆猫との生活☆
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
☆にほんブログ村☆
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示