さよなら、2006Year


大晦日です。
今年もあと数時間。

みなさんの 2006Year はどんな1年でしたか?
やりのこしたことたくさ〜んあるあたしです。
でも、3にゃんも家族もみんな元気で新しい年を迎えられることは、何よりも幸せなことだと思っています。

2007Year、みなさんにとっても良い1年でありますように
いいこといっぱい ありますように。

大晦日の我が家のイベント?、家族の集合写真です。
慌しく時間が過ぎる大晦日で、お風呂上がりのすっぴん&ちょっと酔っ払いだったりもしますが、
ジジが我が家に来てから撮りはじめ、今年で6回目になります。

手のひらサイズのジジと家族だけの1枚目、
2枚目には手のひらサイズのリリが加わり、
3枚目にはビビが加わりました。

たかが1枚撮るだけなのに、大騒ぎです(笑)

あたしがリリ、旦那がジジ、長女がビビを抱いて。
あっちゃこっちゃ向かれるのは仕方ないけれど、どうにか写真には納まってくれています。
6枚目の今日...


今年も、6枚目の大切な「時」を撮りたいと思っています。

今年もありがとう!!
みなさん、よいお年を。


地震の影響で

せっかくPC君復活とおもいきや、
重くて重くて、、 みんな休みに入ったりで混んでいるのかな?
なんて、そんなことあるわけがあるかないかもわからないあたしは、
そんな風に勝手に思っていたんだけれど。

どうやら26日の 台湾での地震 の影響のようです。
台湾沖のアジアとアメリカなどを結ぶ横断海底通信ケーブルが少なくとも6箇所で切断されているらしく。
なかなか繋がらないネットでなんとか調べたところによると、
復旧には2〜3週間かかるとか
場所によっては国際電話もかかりにくくなってると。
あ〜〜(泣)

大雨がまだ続いているマレーシア、ここジョホール・バル(J・B)
日本のニュースでもここの被害が流れたとか?
今朝旦那が言うところによれば、100年振りの大雨?

あちらこちらで被害も出ているようです。
洗濯物の心配をしている場合じゃないです。
先日はシーサイドの高層コンドミニアムが揺れたらしく、
「そっちはどうだった?」 と聞かれたんだけれど、ここは大丈夫でした。
あのスマトラ地震からちょうど2年目の台湾での地震でした..


追記.. 重いどころか、朝は繋がっていたはずのインターネットが、午後には繋が
    らなくなっていました。
    どうか..1日も早く完全復活できますように。
    そして、これ以上地震、大雨の被害が出ませんように。
    被害に遭われた方たちが、1日も早く元気を取り戻せますように。
   


何か用?


里 「ジーちゃ〜ん!」
ジ 「にゃに?」

 振り向き様はなかなかいけてる?

 やっぱり、あたしのデジカメはもうだめだね。
 フラッシュなしだと、ぼけぼけだし。
 見苦しくてごめんなさい。

 それにしても、文房具やさんで買った名札はやっぱりお粗末ちゃん
 今年中になんとかしよっと!!

思いっきり徒然..

テーマパークの崩壊で、数え切れないくらいたくさんの問題が表面化された。
気になって情報を見るたびに、問題が大きくなっていて、数日ネット環境から離れたあたしは、何がなんだかわからなくなったほど。
それぞれの考えもあり、問題視するところも異なるゆえ、問題は尽きないのだと思う。

保健所での殺処分にしても、猫においては殆どが人間の手によって持ち込まれた命。
犬も、ひと昔前と違って、売れ残ったり(嫌な言い方だけれど、現実なのよね〜)、売れるだろうとブリードしたのに的外れだった.. そんな犬たちも多いようだから、持ち込まれる命が殆どなのではないかと。

なんで? なんで捨てる?
なんで捨てられる?

って思うけれど、これまた人それぞれ理由はあるようで。 ...かなしいね。


今年はどうだったんだろう??

サンタさんに犬や猫をお願いして、サンタさんからもらえた子供はいたのかしら?
飽きちゃったからい〜らない!! なんてことになりませんように。
夏のバカンスの前には、犬や猫が捨てられる国もあったり、
こんなはずじゃなかった.. って捨てちゃう人がいたり。

それなのに、人間のことを大嫌いになったりしないんだよね。

猫には猫同士のテレパシーみたいなものがあるんだろなぁ..
って最近そんな風に思ったりする。
動物学的に、そもそも猫は.. って追求していったら単に擬人化しているに過ぎないこともあるかと思うけれど。

『猫たちを救う犬』という本、今回で何回目だろう、、時々読みたくなって昨日から又読み始めてしまった。
日本の古本屋で何気に手にした本なんだけれど、ふと読みたくなったりする1冊なんだなぁ、これが。
なんでだろね。

みんなは、そんな本ないですか?

あと、野田知佑氏のガクの本も、時々読みたくなるっけ。




あたしに出来ること

またしても、テーマパークの崩壊があったそうです。
わんたちの行く末が気になりますが、それと同じくらい気になることがあります。

そのテーマパークには300匹の犬たちがいたそうです。
広い敷地だったかもしれませんが、それだけの犬たちをどんな風に管理していたのでしょうね?

おそらく同犬種ではないはず。

あたしには想像が出来ません。

絶対に無理があると思いますが、どうでしょうか?


今年に入り、動物愛護管理法の改正に伴ない、多くのテーマパークが破綻しています。
こうなるべきだったとはいえ、犠牲になる犬たちのことを思うと辛いです。
でも、今でこそ、考える時なのだと思います。

動物愛護先進国の人たちが聞いたら腰を抜かすであろう、保健所での殺処分。
その殆どが、飼い主の手によって持ち込まれた命です。

あたしたちも犬や猫たちと同じ1っこの命です。
他の生きものとなんの変わりもありません。
目の前にある命を大事にしてください。
それがあたしたちが、最初に出来ることだと思います。


猫人雑記

里々☆猫人雑記

Author:里々☆猫人雑記
「あたしのにゃにゃにゃにゃんな毎日」
gooブログから引っ越してきました(^^♪

☆猫との生活☆
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
☆にほんブログ村☆
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示