マレーシア脱出 最終章?

2008年3月19日 am4:00、早朝だったにもかかわらず、
マレーシアの友人たちに見送られ、マレーシアの我家を後にしました。
...みんな、本当にありがとう
...ちびにゃんもありがとう


思えば..
日本⇒マレーシアのとき、自宅から成田に向かう車の中でもず〜っと鳴きっ放しだったビビ。
今回もず〜〜〜〜っと鳴いていました

助手席のあたしの足元にリリのケージ、後ろの座席の娘らの間にビビとジジのケージを置きました。
娘らも眠りにつき、静かになったかなぁ..と思い、後ろを振り向けば、ビビはまた鳴き出す始末。

道中、不安いっぱいのあたしとにゃんズ。

マレーシアの朝は7時にはぱっと明るくなり、
道もすいていたため、予想以上にスムーズにクアラルンプール国際空港(KLIA)に着きました。

チェックインしたい時間の4時間前に出発。
KLIAには3時間半弱で到着したけれど、駐車場に車を停めたりトイレに行ったり(あたしが)しているうちに、8時になってしまいました。

マレーシア航空のカウンターでチェックインです。

空港に事前に問い合わせたところ、
搭乗前の健康診断等は一切なくて、猫連れでも通常のチェックインで良いと言われていました。
荷物とにゃんズと一緒にチェックインカウンターへ向かいました。
(成田では当日の検疫だったため、あたしたちのチェックインとは別に、検疫所への予約が必要でしたが、今回は事前に現地(マレーシア)の検疫所へ行き、マレーシア政府の輸出証明書、マレーシア政府のサインも取得していたので、通常のチェックインでO.Kと言われていました)



まずは人間たちのチェックインです。

チェックインカウンターで、猫連れを申し出ました。
あたしたちのチケットが発行されたあとに、カウンターの人が?で男の人を呼びました。
その人たちの手で、にゃんズのケージにペタペタペタペタシールが張られ、誘導されるがまま一緒に別の場所へ〜

 ?へつづく..

 

1番乗り?


ちょっとピンボケ〜

キャットタワーのBOXに、最初に入ってくれたのはリリでしたぁ


我家のお嬢リリちゃまですが、帰国後性格に変化がありました。

『えっ? こんなだったっけ、リリって???』
帰国後近所の人が来てくれて、リリを知る人はそう言いました。
あたしもびっくりでした!!

にゃんズが我家に来たときから知っている友人たちだけれど
3年半ぶりの顔ぶれです。
びっくりしてすぐに隠れたジジ、なかなかケージから出てこなかったビビでした。
が、お嬢リリは、懐っこく.. っていうか、
人間を無視して部屋の探索をすぐに開始しました。

マレーシアでは誰よりも慣れるのに時間がかかったリリ。
リビングでくつろぐことが出来るようになったのも帰国する少し前頃からでした。

人間風に言うならば、社会性が出てきた?
なんだかそんな感じです。

そんなリリちゃまも、ジジもビビもみんなげんきで長生きしてね〜

1ヶ月が経ちました


日本に帰国して1ヶ月が経ちました。

1ヶ月前のあたしって....
日本へ向かうの中でした...

今ここにこうしている自分がまだ不思議です。

帰国を決めて無我夢中で帰国に臨んだ数ヶ月間を思い起こすと、
不思議、、というか、感無量? う〜ん、、
なんとも言いがたい複雑でおかしな気持ちです。

まだ引越しの名残はいっぱいあります。
急を用しないだろう..なダンボールは急いで手をつけるのはやめにしました。
頭がくらくらするくらいのすさまじい状態は何とか脱出したことだし、
後は時間をかけて、じっくりやろうと思います。

我家の、もし、日本語?人間語をしゃべってくれるのならば、
今の気持ちを聞いてみたいです。

『ねぇ、マレーシアの生活ってどうだったの?』 って

もう忘れちゃってる??


帰国してから夜中に1度も起こされる事がなくなったんですよ!!!

マレーシアに居るときは、5時間以上続けて眠り続けること
が不可能だったあたしでした。
ジジ目覚ましのお陰で。

夜中の1時や3時に起こされ、毎朝4時〜5時に起こされて。

でもでも、帰国初日から起こされていません。
寒くてさすがのジジの腹時計も狂っちゃったのかもしれません。
マレーシアでは、娘らが登校したら、3にゃんは夢の中でした
なのに、今は、起きてます!
それもすごく忙しそうに^^;

家の前を通る人の声も気になるし、カラスの鳴き声も気になるし、
近所の犬の鳴き声も気になるし、
どれもマレーシアでは聞くことのない音でしたから。
お外の監視に、とっても忙しくしています(笑)

寒いけどげんきです。
夜はあたしと寝てくれます。

マレーシアでは1度もなかったことなので、嬉しいです。

あたしは、、寒くて寒くてマレーシアの暑さが恋しくなったりもします。


来週末、納車です。

ジジたちのかかりつけの病院は隣の市。
車なら20分くらいだけれど、そのほかの手段となると??
悩んでしまうほど車が無いと不便だったんだなぁ..
と思い知らされてる今日この頃です。
そんな田舎じゃないはずだったんだけど、そんな田舎だったみたいです。
あはっ

そんなんで、まだ帰国後、ジジたちの健康診断には行けずにいますが、
げんきです。

ジジのおハゲちんの相談もできます。

こんな日が来るなんて......


1ヶ月前の自分を思い、今の自分を思い、
なんとも複雑な気持ちです。

近いけれど遠い? 遠いけれど近い?マレーシア
マレーシアのみんな、げんきですか?
あたしはまだ浦島太郎だけれど ...予想以上に浦島太郎ちゃんでした
1日も早く慣れなきゃ!

日本はヘイズは無いけれど、寒いですよ〜


帰国しました〜

もう1ヶ月近くも経ってしまいました

みなさんお変わりありませんか?

なかなかPCに向かえずにいます。
早いとこ日本帰国に向けての最終章をアップしなきゃと思いつつも...

今日は、、今日の午前中に届くはずだったダイニングテーブルが
午後2時以降になってしまい、気が抜けちゃって
ちょっぴり腑抜け状態になってます。

片付けたくても収納する場所に頭を痛め、
悩みに悩んだ末やっと購入した収納チェストが昨日届いたから
やることはまだまだ山となっているんだけれど、
ちょっと休憩し、の前です。

最終章の前に近況報告なんぞをしておこうかと。

とにかく寒いんですぅ〜
ほんの4年足らずの南国育ちだったのに、
桜どころではありませんでした。

予想以上に遅くに到着したダンボールの山(2月半ば過ぎに出したのに、4/3の到着、まいった)を目の前にしても身体が思うように動かなくって。
その上、収納するに当たって何をどこに?? で頭はおかしくなりそうでした。

みなさんにご心配いただきっぱなしだったにゃんズ、げんきです。
ジジとリリは、日本にいたときの記憶を取り戻したかのように、
昔お気に入りだった場所でぬくぬくしています。
1歳になったばっかりで日本を離れたビビには記憶はないようだけれど、
兄ちゃんたちのすることなすことをまねしては、
怪獣と化しています。

物凄いですよ〜!!
そうでなくても躾けの行き届いていない娘っこビビ(汗)、
それに拍車がかかってしまったもんだからそれはそれはすごい状態です

夢だったキャットタワーも購入し昨日届いたことだし、
そのパワーをキャットタワーにでもぶつけてもらいたいもんです!!!!!

まだまだ引越しの名残は続きそうだけれど、
時間をかけてじっくり片付けていきたいと思っています。


マレーシア⇒ジャパ〜ン の最終章、近日中に書きますね〜


猫人雑記

里々☆猫人雑記

Author:里々☆猫人雑記
「あたしのにゃにゃにゃにゃんな毎日」
gooブログから引っ越してきました(^^♪

☆猫との生活☆
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
☆にほんブログ村☆
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示