今年もわずかだなんて…


バタバタ生きているうちに、
今年も残すところ、あと2日となってしまいました。

冬休みに入り、PCを使いたい時には誰かしらが使っていたり…
今日も携帯からの更新です。

みなさん、お変わりないですか?
年の瀬、忙しくしていますか?

我が家の近況は、にゃんズも元気です!!
リリのしっこもらしも久しくありません。

ジジの膀胱炎も落ち着いているようで、このまま何事もなく新年を迎えられたら嬉しいです。

マレーシアに置いてきてしまった(母子にゃんズでひと足先に帰国したため)旦那が、
日本出張を兼ね、20日から日本入り、25日から我が家に居ます。

一時帰国中に事故をおこされたら困るので、旦那帰国中は、旦那の運転手としてあっちこっち。

今年の暮れはそんなわけで、バタバタ生きているあたしです。

おそらく、このままバタバタと新年を迎えることかと(汗)

まだまだやり残したことがたくさんあるけれど仕方ないかなぁ…

今日中になんとか年賀状終わらさなくちゃです。
…昨日もそんなこと言ってたっけ(涙)

とにかくがんばる!!

この方たちも


ヒーターつけたら、この方たちも、行き倒れです。

ビビがいち早く移動します。

今日はあたたかだったのに、
誰もリビングから移動しませんでした。

やっぱり夜は寒い?


今日、日中は14℃くらいまで上がりました。

だけど、夜は、、
やっぱり寒くて、行き倒れてます。

危機管理

朝の報道番組では、連日新型インフルエンザの話題が。

我家も先日インフルエンザの予防接種を済ませました。

マレーシア駐在中には予防接種をしていましたが、
日本では、毎年は接種していませんでした。

よく言われるように、
予想が外れて、ワクチンが効かないかもしれないし、
だったら意味ないしなぁ...

などと思っていました。

罹ったらすぐに病院にかかればいい.. そう思っていたんでしょうね。

が、そんなあたしでも、マレーシアに居るときには
小心者?で、予防接種は受けていました。

毎年日本人学校では大流行。
お隣のシンガポールの病院へ行けば、
クラスメートでいっぱいな状態でしたから。

発症して24時間以内に病院へかかれれば、薬の効果もあると言われるインフルエンザですが、
マレーシアでは運よければ24時間以内に病院へ行くことも可能ですが、
なかなかそうも行かないのがあたしの現状でした。

我家は罹ることはなかったのですが、
そのような環境の中に居たせいか、
予防に対する意識はここ数年で高まったかもしれないですね。

日本から出ることがなかったら予防や危機管理についての意識は
もっと希薄だったはずです。

インフルエンザの予防接種率ですが、あたしの周りでは低いように思います。

が、既にかかりつけの病院では、ワクチンがなくなっていました。
我家は受験生も居ることだし、早めに予約しておいたから受けられたものの、
いつものようにもたもたしていたら、きっと受けられなかったかもしれませんね。


今日のニュースの中に、新型インフルエンザが発生したら流行が避けられない国はどこの国かを予想していました。

ある専門家の私見では、中国、インドネシア、ベトナムだそうです。

どの国も鳥を好んで食す国ですね。

生活と切り離せないものが、感染ルートになるのはとても悲しいし、
もしそうなった場合、大変なことになるはずですから、
せめて、予防に対する意識改革だけでも持っていて欲しいと願うばかりです。

マスクですが、今では感染を予防するために健康な人が普通に使用するようになりましたね。

でも、それも、ここ数年の話?

マレーシアに居たときに、マスクをしていたら、凄い目で見られたことがあります。
それはSARSが流行したときの名残ではないかと思っています。
マスク=SARS感染者 なのかしら?
あたしの渡航前にSARSが流行ったそうで、
橋を渡ればシンガポールのあたしの住んでいた街でしたが、
その行き来が出来なくなったそうです。

今日の番組の中で、あたしたちが出来る予防は何か?について話がされていましたが、
やはり外出自粛だそうです。
インフルエンザの潜伏期間は3日程度。
がしかし、この間に自覚症状がないため、ウイルスを撒き散らすことになりますから、もしインフルエンザ患者が出た場合、あっという間に倍、倍、患者数は増加するだろうと予測されていました。

大人の外出自粛は無理でも、感染者が出た学校の休校は必要なことだろなぁ...
と思いました。

自分の身は自分で守ることも必要ですが、
大流行した場合に多くの死者が出るだろうと予測されているのですから、
まわりに感染させないことも大事なことだと思いました。

今日も寒いです。
関東地方のあたしが寒いだなんて行ったら、もっと寒い地方の人に
申し訳ないのですが、
どうかみなさん、この冬も大病することなく、
元気で乗り切ってくださいね。
あたしも病気しないようにがんばります。

さてと、最後の洗濯物が脱水終了しました!
気合入れて洗濯干してこなくっちゃ

JBの動物検疫所

日本帰国の際に必要な書類の中に、マレーシア政府の輸出証明書 があります。

JBの動物検疫所で手続きをするのですが、
そこへ行くのはさすがに主人と二人でも無理で、
主人の会社のローカル(マレーシア)人に連れて行ってもらいました。
なぜに無理だったかと言うと、
いくら英語が共通語とはいえ、国の施設はマレー語が主で、
もちろん、英語はしゃべれるんでしょうが、
マレー語での対応となると目も当てられず、、
検疫所の案内板も全てマレー語でしたっけ...たしか
予想していた場所とは違っていて、
いくつかの国の施設があったようなんですが、
どこも民家のような??
民家が立ち並んでいるような風だったのを覚えています。

マレー語の案内板だけだったように記憶しているので、
いくつかの施設があったのですが、
ペットの輸出入の際の証明書はどこで手続きをすれば良いのか
わかりずらかったように思います。

そこは、マレーシア入国の際に必要な輸入証明書をもらった場所と同じだそうです。
輸入証明書取得の際は、あたしはまだ日本に居たので、先にマレーシア入りをしていた主人に取ってきてもらいました。


場所は、、
地図を送ってもらったのですが、
ここに地図を載せる技術がなく(汗

記憶では、、
ホリデー、ムティアラホテルの裏を通って、その先右手に日本人会墓地、
そこをまっすぐ....
今、送られてきた地図と照らし合わせてみたらば、
だいたいそんな感じでした。(ローカルチックでごめんなさい

地図がありますから、その地図でよければ、
必要な方へ送りますので、
その時には、あたしにメールをくださいませ。

あたしのメルアドは、
zizi_yuri★mail.goo.ne.jp です。
(星を@マークに変えてくださいねv)


そこで、輸出証明書にマレーシア政府のスタンプとマレーシア政府のドクターのサインをもらわなければならず。

渡航前にかかりつけの動物病院で、FormA&Cにサインをしてもらうのですが、
そのかかりつけのドクターのサインの他に、
国で認められたドクターのサインが必要なんです。
...なんとまぁ、ややこしい(汗

あたしのときには、そのドクターが3人居て、その3人があっちこっちの動物検疫所を行ったりきたりしているとか、、
そんなことを窓口の人が言っていたと思います。

日本の出入国に比べたら事務的極まりなく...
ただ、とにかく時間に細かくないですから、
もし、あたしのように後日受け取りに行くようなことになりましたら、
しつこいくらいに催促の?をしたほうがいいと思います。


来年早々に帰国予定のチワワさ〜ん、頑張ってくださいね

猫人雑記

里々☆猫人雑記

Author:里々☆猫人雑記
「あたしのにゃにゃにゃにゃんな毎日」
gooブログから引っ越してきました(^^♪

☆猫との生活☆
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
☆にほんブログ村☆
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示